アドセンス記事

アドセンス記事すごい













アドセンス記事





























































アドセンス記事26000個について、ご推薦を頂いたので紹介します

『全部使い切らない前に、きっと目標の収益を得ていると思います。』



情報商材レビュー研究会 認定レビュアー SAWAYAKA様
いんふぉくらぶ http://gensen.sakura.ne.jp/infoclub/


情報名が示すとおり、その記事の量・豊富さにびっくりしてしまいます。
これがあれば、英文の記事のネタ元を探す必要が実質なくなります。

全部使いこなせる日が来るのでしょうか?

全部使い切らない前に、きっと目標の収益を得ていると思います。

複数のテクストファイルを、あるアルゴリズムでリライトしてくれる
そのスピードにびっくりします。

ダウンロードしやすいように8つの圧縮ファイルになっています。
すぐにブログにインポートできるようになっています。

記事のインポートのやり方も具体的に解説されています。

テキストをまとめてリライトしてからこの方法で結合して、ブログにインポートすれば
一気に複数ページのリッチコンテンツブログの出来上がりです!
画像を使って解説されています。

気になっていた英語記事の一見、文字化けと思えるものの意味と対策が追加されています
これで問題がなくなります。

あとは実行あるのみです。

ほかの記事提供サービスなどに目移りしていると時間がもったいないですので
惑わされずにこのノウハウと大量記事を元手に加工して、どんどん量産してゆくことをお勧めします。



『ネットでは英語が標準言語で日本語は大変マイナーな言語です。』


本商材は英文アドセンス用の記事26000点と言う膨大な量の記事が売りです。
確かに26000点と言うとテキストファイルだけでも150MB近いボリュームがあります。


HPに記載されている様に、ネットでは英語が標準言語で日本語は大変マイナーな言語です。
従って、英語のアクセス数は日本語に比べると段違いに多いのも事実です。

アドセンスの場合はやはりアクセス数が物を言いますので英語の記事は大変有利です。

記事提供サービスの場合実際に提供された記事をブログ等に使用する場合
どうしてもその記事のリライトが必要となります。

私も英文記事のリライトはどうするのかと思っていたのですが
本商材で紹介されている方法は行単位でのリライトなので、英文の内容はほとんど崩れずにすみます。

しかも、一気に複数のファイルのリライトが可能となり、大変省力化できます。
説明書にはこのやり方が図解で分かり易く説明されています。

これだけ膨大な記事があると、如何に手をかけずにブログにアップできるかがポイントになります。
この商材はここがよく考えられていると思います。

また、他にいくつかのリライト方法も記載されており、量産を目指す人には大変役に立つ商材です。

少なくとも1000個近いサイトを作ることができ
1サイト当たりの平均でのアドセンス収入が$1位だとしても、十万円にはなります。

これだけの英文記事があれば、機械的にサイトを量産するだけで収入アップになると思います。

情報商材レビュー研究会 認定レビュアー ふとやん様



『海外アドセンスに第一歩を踏み出すのに背中を押してくれるものでした』

クリック単価の高いと言われている英語圏のアドセンス・・・
実は、こっそりこれを次世代のアドセンスと狙ってました。

そして、この「アドセンス記事26,000個」は、英語が堪能ではない私にとって
海外アドセンスに第一歩を踏み出すのに背中を押してくれるものでした。

こんなに大量の素材となる記事が一気に手に入れば、後はリライトしてツールに入れるだけ。
その上、そのツールまで揃ってるとは感謝!感謝!です。

2万6千もの記事をどんどんサイト化してくれるのは、本当に圧巻です。
効率よくサイトを量産したい方には嬉しいですね。

今、はやりのリライト用記事に関しては・・・意味がわかる日本語だと、
真面目に読んでリライトに時間がかかってしまう人が多いと思います。

しかし、アドセンスで一気に稼ぐには量産しかないのです。
なぜならアドセンスは、アフィリエイトと違いアクセス数がものをいう確率の世界だからです。

そんなアドセンスに対して、リライトに時間をかけてはいられません。

稼ぎたいけど時間がない。そんな方には、意味がよく理解できない英文だと、
変なこだわりがなくなる分、作業が効率化できますね(笑)。

情報商材レビュー研究会 認定レビュアー 神海たくや 様
子供の視力回復で悩む・・・あなたへ! http://sun.s25.coreserver.jp/kodomo/





アドセンス用の記事が26000個あったら大変なことになりませんか

あなたはアドセンスをやっていますか?やっていないですか?
稼げていますか?稼げていませんか?

・・・そんなことはどうでもいいです、これから嫌でも稼げてしまうんですから。

まじめなあなたなら、もしかしたらこんな努力をしていませんか?


自分で考えてコツコツ記事を書いている


本当にありがとうございます、嘘偽りなく心から敬意を表します。

あなた様のような方が貴重な情報を提供しているからこそ
私たちが便利にインターネットを利用することができるのです。

ご自分で独自のネタをお持ちのようで、すごく羨ましいです
私は他に誇れる、独自のネタがないのですごく羨ましいです。

ではこのような方もいらっしゃるでしょう



記事提供サービスを購入して、記事を更新している



本当にありがとうございます。

あなた様のような方が、貴重なお金を払ってプロの情報を提供しているからこそ
私たちが便利にインターネットを利用することができるのです。しかしこんな悩みはないでしょうか






消化できない

基本的に記事提供サービスというのは、提供されるファイルはテキストファイルで
そこから自分でリライトなどを施し、コピペしてブログやサイトに貼り付けます

あらゆる記事提供サービスでも共通して言えることですが



一個ずつコピペで更新するのは大変



という致命的な欠点を持っています。いくら多くの記事を手にしても
消化し切れず、挫折してしまう人が多くいます。

強力な武器を手にしたにも関わらず、武器を手にしたまま空しく倒れてしまうのです。

いつしか機械的な作業が嫌になり、アドセンス自体を挫折してしまうのです。

しかし、努力家でコツコツ派の人は300とか500記事のボリュームでも
消化するのに早ければ数日で終わってしまったりします
使わない記事とかもけっこうありますしね。そんな人でも実は





あなたは記事提供サービスにいくら払っていますか

あなたはいわゆる「記事提供サービス」を利用されたことがありますか?
このページにたどり着いたあなたは、もしかしたら一度は利用されたことがあるかと思います。

プロが書いた内容の濃い記事が毎月送られて来るので
毎日のブログ記事の更新のネタが尽きることなく、すごくありがたいサービスですよね。

実は私も利用したことがあります
でも実際に使ってみて、あることに気が付いたのです。



いっぺんに送ってくれればいいのに



なぜそうしないのか、実はカラクリがあるのをご存知ですか




記事提供サービスの課金システムに注意!

毎月新しい記事が届く記事提供サービスは確かに魅力的です
しかし、なぜ一度に記事を提供せずに毎月送る形式を取っているかご存知ですか?


「毎月ライターが書いてるんでしょ?」


と思われた方は正常です。私もそう思っていました
ところが違うんですね。

記事提供の毎月課金システムは実は、そういう理由ではないのです
実は





これが毎月の課金システムの正体です

例えば1記事あたり10円としましょう(実際はもっと高いですが)
毎月300記事送られてきます。他に特典などもあると思いますが
毎月の記事提供サービスの料金は3,000円です


「まあ3,000円ならいいか」


そう思わせるのがミソなのです

もし仮に、毎月の課金システムではなく一度に3,000記事の提供だとしましょう
3,000記事と聞くと一瞬


「おっ!すごい記事数だ!」


と欲しい感情に火が付きますが、1記事10円で換算すると





「30,000円か・・・高いな・・・」


と思ってしまうのです。同じ1記事10円なのに感じる相場観は全く違ってくるのです

この手法はあらゆるマーケティングで使われています
典型的なのが生命保険のコマーシャルなどで見られる、このフレーズ



「一日あたりたった300円の保険料でこれだけの保証」



年間109,500円です。





記事提供サービス、高いと見るか安いと見るか

毎月送られて来る記事提供サービスは、プロのライターに依頼するよりも
確かに格段に安いです。一記事あたり数十円位なのではないでしょうか?

500記事で10,000円というサービスを見たことがあります
1記事で20円ですね。この値段でプロのライターの記事が手に入るのですから確かに安いです
この相場は恐らく記事提供サービスの中では最も安いのではないでしょうか。

しかし





仮に100記事を使っていないと、2,000円をドブに捨てているようなものです
勿体無いですよね。

確かに記事提供はプロライターの相場よりは各段に安いです
プロのライターの書いた記事は、一般的には1文字10円クラスです

最近は1文字1円なんて所も見たことがあるのですが
どんなに安くても1記事500円〜1,000円くらいはかかるでしょう

でもこれがもし



















アドセンスの真髄!英語のアドセンス記事が一記事一円以下です

ちなみにこの記事、全部英語です。



マジかよ?全部英語!?こりゃすげー!



と思われた、とても賢いあなたはここの説明を飛ばしちゃって結構です
あなたは英語の記事の価値を十分理解しているようなので。



なーんだ、英語かよ・・・




と思われた方は、貴重な情報を得るチャンスです!
ぜひ続きをお読み下さい。




英語圏なら1クリック14,100円も

まずは以下の表をご覧下さい。
これは英語圏のアドセンスのクリック単価が高いキーワードの一覧表です。










ご覧のように日本のクリック単価とは桁が違います
日本では「キャッシング」などがせいぜい3,000円くらいでしょうか?

ここで注意して欲しいのですが、この表は




アドワーズの入札単価ではなく
アドセンスのクリック報酬なのです




高額キーワードを狙っている方ならお気づきで、すでに鳥肌が立っていると思いますが
キャッシングのクリック単価は3,000円!結婚は2,000円!とよく言われますが、これはあくまで


日本で言われているのは、アドセンスのクリック報酬ではなく
広告主が入札するアドワーズの入札単価です


高額と言われるキャッシングや結婚でも、実際のアドセンスのクリック単価は
せいぜい良くても100〜200円(1〜2ドル)というのが相場です。

何故こんなにクリック単価が高いのかというと
日本語圏よりも英語圏の方がユーザーも広告主も比較にならないくらい多いからです。




まだ日本語でアドセンスをやっているのですか

以下の資料は世界のインターネット人口を
言語別にグラフにしたものです

資料の統計が古いのですが、英語がダントツなのがおわかりいただけると思います
今話題の中国やインドでも公用語以外に英語を使うことが多いです。

ちなみに「ニッチ」とよく言われますが、日本では
月間の検索件数が1,000件未満だとニッチくらいに言われていますが、英語圏では



月間件数10,000件程度でも「ニッチ」と言われるそうです



日本の月間1,000件なんて英語圏のアクセスの大きさに比べると
「チリ」としか言いようがありません。

例えばわかりやすい例で表現すると、日本の迷惑メールと英語圏のスパムメールの違いです
英語圏から送られて来るスパムメールの量はハンパじゃないですよね?
日本語で送られてくる出会い系の迷惑メールがかわいく思えてきます。

また、ブログのトラックバックスパムでも似たような現象があります
ブログのトラックバックを許可してしまうと、そのうち英語圏から怒涛のように
トラックバックスパムが流れてきます。
私は以前、一日に5,000件あまりの英語圏からのトラックバックスパムを食らったことがあります。

つまり英語でアクセスを稼げば、日本のアクセスとは桁違いなアクセスが流れてきます
私も当然英語のサイトを複数所有していますが





英語圏のアクセスと日本語のアクセスの違い、イメージできたでしょうか?

一度でも英語のアドセンスを始めてしまうと、この快感が忘れられず
日本語のアドセンスなんて、効率が悪すぎてばかばかしくなってきます。





アドセンスの基本は、アメリカ、英語です!

アドセンスの本場は、グーグルの本社があるシリコンバレー、アメリカです
当然アドセンスの広告システムは英語を前提につくらています。

その証拠に、まだまだグーグルでは日本語の解析技術が進んでいないのか
あなたの日本語のアドセンスサイトに、全く関係ない広告が配信されたりしていませんか?

世界一難しいと言われている日本語ですから、理解できますよね?

つまり、英語のアドセンスサイトはきちんとした広告配信がされやすく





英語のアドセンスの価値、おわかり頂けましたか?




記事を消化しやすいインポート形式









確かに100記事でも多いのに、26000記事となると目が回ってしまいますよね?

もし従来の記事提供サービスであれば、26000個もの記事を消化するのは
いったいどれくらいかかるのか検討も付きません。

ヘタすると作業する前からやる気がなくなり
何もせずに挫折してしまう自体にもなりかねません。

今までの記事は、殆どテキストにただ書かれたもので
そこからコピペしたりリライトしたりして、一つずつの作業を必要としました。

リライト→コピー→更新と、一つの記事を更新するのにどうしても数分はかかってしまいます

もちろん自分で記事を書くよりは時間はかかりませんが
記事を一件消化するのにもやはりそれなりの時間を要します。

そのため



記事を消化できず、挫折してしまうという致命的な欠点があるのです



ところがその記事が、ブログのインポート形式であったらどうでしょうか?
インポート形式であれば、投稿して再構築などの煩わしい手間から開放されます。









今までの数倍のスピードで記事を消化することができて
記事を手にしたけど消化不良を起こしてしまう、ということがなくなるでしょう。



無料で一気に26000記事をリライトできます

今までの記事サービスは、そのまま使うことができず
自分でリライトしなくてはいけないという条件がありました。

しかも、自分でリライトするのはかなり大変です
ヘタすると一つの記事を消化するのに5〜10分あまりかかってしまうでしょう。

これでは時間短縮のための記事提供サービスが、何のためにあるのかわかりません
内容によっては自分で書いたほうが早い記事などもあったりします。

最近いくつかリライトツールが売られていますが、結構高いです。20,000〜30,000円はします
確かに便利なツールですが、ちょっと高いですよね。

ところが、一切お金をかけず無料で
それらの記事を複数ファイルごと一気にリライトできるノウハウがあったらどうでしょうか。

一つずつコピペして貼り付けて、なんて効率の悪いことはしません









今まで一件ずつリライトしていたのがバカバカしくなってきます

また、リライトツールが高くて手が出ない人にも
無料く、短時間(一瞬)でリライトができてしまうので、リライトツールを買わなくて済みます。

この記事とノウハウを手にしてしまったあなたは









よくある質問を一つずつ潰していきましょう

英語がわからないのですが

自分で記事を書くわけではないので、問題ありません

英語のサイトは初めてなのですが

自分で英語が理解できなくても、日本語のサイトと同じように記事をアップして
検索エンジンに登録などをすれば、通常通りロボットが巡回して
英語圏からのアクセスが流れてくるようになります。

記事はどんな種類ですか

テキスト(.txt)がメインになります。一部ワード文書もあります。
そして全ての記事(ワード記事除く)はブログインポート形式に変換してあります。

インポートではなく、記事をそのまま使いたいのですが

もちろん記事部分のみを抜き出して、個別で使うことも出来ます。

どのブログのインポートに対応していますか

基本的には全てのブログサービスで可能ですが
商材の中で紹介している推奨のブログサービスを利用することをオススメします。

そのままコピペして使っていいですか

はい、結構です。リライトなどして自由に使って頂いて結構です
アドセンス以外のサイトにもご利用頂けます。

英語じゃリライトできないのですが

一気にリライトするノウハウは英語に限らず全ての文章で可能です。

どうやってリライトするのですか

ある無料配布されているツールを使用し、行単位でランダムにシャッフルを行います。
任意の行を任意の場所に複数挿入したりすることもできます。
同じような機能をもつ有料のリライトツールもあるかと思いますが、無料でできるノウハウです。

リライト後の文章は意味は通っていますか

はい、意味不明な文章になることは少ないと思います。

そのリライトノウハウ、日本語でもできますか

はい、全ての文章で活用可能です。

同じような記事ばかりになるのでは

無数のパターンでリライトができるので、同じ文章が出現する確率は皆無といっていいでしょう。

リライトだけでは心配です

そのような方は日本語を翻訳したオリジナル記事の挿入などをするといいでしょう。

一件のテキスト量はどのくらいですか

アドセンス用に書かれた記事なので、十分な量は確保されています。

でたらめな文章ですか

いいえ、プロが書いたきちんと意味の通っている文章です

テーマがあまりにもニッチなのではないですか

いいえ、超ビッグキーワードから超ニッチなキーワードまでかなり多くのテーマが網羅されています。




リライトだけでは警告が来るのでは?

警告が来ますか?というお問い合わせを頂きました。

残念ながら私自身はGoogleスタッフでないので判断できません
そこで私自身で記事サービスの警告について調べてみました。
その結果、リライト不足で警告が「来る」という情報は多く見られました。

「記事サービスは警告来ますよ」「記事購入はやめたほうがいい、警告来るから」
「ちゃんとリライトしないと警告が来るらしいですよ」「一発で警告でアカウント削除されるよ」
「リライトをちゃんとしないでいたら、警告が来るという話を聞いたことがあるので」
「警告が来ることもあるようです」などです。

ところが「記事サービスで警告が来た」という「実体験に基づく情報」は
不思議と一つも見つかりませんでした。

ちなみに『テキスト不足による警告』は、実体験の情報も多数あり
警告メールの本文自体も出回っているので、信用できる情報と言えるでしょう
私の友人の実体験もあります。

※「来る」という情報ではなく「来た」という信憑性のある有力な情報をお持ちの方
ぜひお知らせ下さい。私も知りたいです。

ちなみに私自身の実体験ですが日本語も英語も、2年以上記事サービスを使っていますが
今まで一度も警告など来たことはありません。

同じ記事が多数発生すること自体が警告の対象になるなら
ウィキペディアの記事を引用したページや
その他のニュース記事などを引用したページにはアドセンスが貼れないということになりますね。





いくら言い回しを変えても、ページにおけるキーワード比率は変わりません
いくら文章を入れ替えても、ページにおけるキーワード比率は変わりません



アドセンスの警告は何とも判断しかねますが
同じキーワード比率ではライバルに勝てないのは容易に理解できます
やはりSEO的にも、適当な分量のオリジナル記事を書く必要があるのかと思います。



知識もないし英語もわからないからオリジナル記事なんて書けないのですが

オリジナル記事の挿入は必要とはわかっていても・・・

『知識がないからオリジナル記事なんて書けないよ』
『英語わからないからオリジナル記事なんて書けないよ』
『オリジナル記事が書けないから、記事サービスを利用しているんだ』
『書けるけど、時間を短縮したいから、記事サービスを利用しているんだ』


『でも一から全て自分で記事は書きたくないし書けないし効率が悪い』
『かといってプロのライターに個別記事を注文するのも高くてできない』





これが本音ではないでしょうか?

しかし





今回は初回の方限定で

「言葉の意味すら全くわからなくてもオリジナル記事を誰でも簡単に素早く大量に書くノウハウ」

をお付けします。

もちろん英語でも大丈夫です。まず日本語で書いてから英語に翻訳すればいいだけです。

例えあなたが不動産投資のことを全く知らなくても
しっかりしたキーワードが含まれた不動産投資のオリジナル記事を大量に書けるのです。

この記事をブログのテンプレートなどに挿入して全ページに表示すれば
警告の心配は解消されるでしょう。

ブログの全ページに挿入するテンプレートの改造方法も紹介してあります。

このオリジナル記事を大量に書くノウハウで記事を書けば、記事サービスの記事は





もちろん他社の記事にも応用して頂いても結構です。

オリジナル記事を適当な分量挿入し、記事サービスの記事本文を
フレキシブルにリライトをすれば、同じ文章が発生する確率は皆無で
これを繰り返すだけで、それこそ一つの記事を無限に増やすことが出来ます。



この商材の唯一の弱点

正直に申し上げます。
この商材はリライトに関して、どうしても一つだけ弱点があります。

行単位のシャッフルはかなり複雑にできます。
任意の行に任意のオリジナル記事を挿入することもできます。

オリジナル記事を簡単に書くノウハウがあるので
オリジナル記事を全ページに挿入することができます。

ところが



この商材の唯一の弱点は、英語がわからないと『言い回し』のリライトができない



ということです
これだけはどうしてもツールやノウハウを使っても出来ません。英語力が必要になります。



『言い回しを変えられないと絶対にだめだ』
『いくらオリジナル記事を挿入して、シャッフルしても、言い回しまで変えないと警告が絶対に来る』



とお考えの方は、そもそも記事サービスの利用は性格上向いていません。



記事提供サービス自体の利用を諦めて
ご自分で全て一から記事を書いてコツコツとアドセンスをやることをお勧めします
残念ですが、この商材の購入はお控え下さい。



英語圏のSEOとかアクセスアップとかわからないのですが

正直に申し上げます。

実は私も詳しくはわかりません。

ただ、一つだけ言えることは



英語圏のSEOも基本は同じ



ということです。

詳しくは日本と英語圏ではSEOは違うかもしれません
確かに、海外のSEOを熟知した方がより稼げるかもしれません。

しかし、海外のSEOを詳しく知らなくても、基本的な所を押さえていれば
膨大な記事の量がカバーしてくれるのです



ブログであれば最初からSEOに強いページなので
インポートさえすれば、後は何もしなくても基本的なSEOは完了してしまいます。



細かくSEOを極めてサイトをいじくるよりも
膨大な記事をどんどんアップして、サイトを量産で攻めるのがアドセンスでは賢いやりかたです。





記事は文字化けをしていますか

すごく良い質問です。
恐らく他の英語記事を使われたことがある方であると思います。

結論から書くと、ずばり文字化けをしています。

しかし、これは英語圏で書かれたテキストを日本語圏の私たちが閲覧すると文字化けするのであって
英語圏の人が閲覧した際には通常通りに表示されているのです。



文字化けの現象は、日本語圏のパソコン環境で英語圏の記事を扱う上で必ず付きまとう現象です。



私たち日本語圏の人が然るべき対応方法をせずに、文字化けした状態で英語記事を扱うと
様々な不具合が生じるのは事実です。

現に他の英語の記事提供サービスを利用したが、文字化けの対応方法がわからず
文字化けしたまま記事をアップしている人が非常に多くいます。

確かに文字化けしたままでも、SEO的なテキストの適正は殆ど崩れることはなく
十分アクセスは稼げてしまうのですが、できれば文字化けを解消して記事を活用したいところです。

文字化けが気分的に気持ち悪く、英語記事の作成を嫌がる人もいるようです。



ところが然るべき対応方法を実践すれば、英語記事の文字化け問題は解消します。
その文字化けの原因の解説と、解決方法も紹介してあります。





記事のテーマの一覧です

アフィリエイト・マーケティング
音楽
スコッチ
メールマーケティング
自動車部品
バイラルマーケティング
スパイウェア
車の購入
Ebay
ギャンブル

心臓病
圧力
趣味
ダイヤモンド
メーリングリスト
スポーツ
倒産
デジタルカメラ
弁護士
デジタルカメラ
クレジット
ドメイン
自営業
車の整備
ウェブデザイン
ウェブログ
女性
改築、リフォーム
データ回復
リライト
クレジットカード
車のローン
フィットネス
オンラインショッピング
投資
大学
携帯電話
香水
会計
減量
商標
MP3
フィットネス
ウイルス
赤ちゃん
電子マガジン
レシピ
ボディービル
オーディオストリーミング
旅行
妊娠
ソフトウェア
コピーライト
趣味
セールスレター
アクセサリー
台所
宝石
デート
キャリア
ロマンス
通貨取り引き
離婚
中小企業
広告
休暇
ウェブ開発
にきび
財政
幼児
事業金融
クレーム
赤ん坊
抵当権
乳癌
ペイ・パー・クリック

債務軽減
園芸と風景
休日
インターネットマーケティング
クリスマス
Playstion
GPS
Adsense
自動車保険
コンピュータチップ
ランジェリー
ウェブサイト・トラフィック
スキンケア
インフルエンザ
書評
アトラクション
投資
エアロビクス
糖尿病患者
Adsense記事
国会
法律
ネットワーク販売
SEO
Ecommerce
生命保険
ビデオストリーミング
Eマーケティング
ファッション
在宅教育

身体障害
葉巻
eBayマーケティング
浴室
自己開発
奨学金
スパム
レンタカー
オークション
経営計画

ビジネス
Google
家具
不動産
RSS
お金稼ぐ
ゴルフ
ゴルフ
料理

履歴書
随筆
ワイン
PCゲーム
本のマーケティング
電子マガジンマーケティング
VOIP
コーヒー
運動
カジノ
喫煙
健康保険
ブロードバンドインターネット
メールマーケティング
カーステレオ
航空
記事
化粧品
ウェブホスティング
レクリエーション
コーチング
寝室
魚釣
工芸
チャット
ウェブデザイン
抜け毛
不動産
キャッシング
在宅の仕事
Ebook
ダイビング
LCD/プラズマ
結婚式
ビデオ会議

このテーマの中からさらに細分化されたりしています
同じようなテーマのカテゴリもありますが、中身が違う記事になっています
これ以外にもいくつか違うジャンルの記事複数があります。

これら約26000記事が、ブログのインポート形式になっています。




アドセンスで稼げないとは言えなくなってしまいます

この大量の記事を手にしてしまったら、あなたはもう
アドセンスで稼げないとは言えなくなってしまいます。

この記事を手にしてアドセンスで稼げない人は
いわゆる実践しない「ノウハウコレクター」か、本当にやらない人だけです。

とにかくアドセンスは記事の量と質がものを言います
いくら独自のコンテンツであっても、正直な話、アドセンスでは稼げません
貴重な情報を発信しても、一生懸命記事を作成してもアドセンスで稼ぐことは別物です。

アドセンスで稼ぐには







とよく言われますが、半分正解で半分間違いです。

記事数が膨大になると、こんなことが起こるのです







少しでもアドセンスをやったことがあるなら、容易に理解できる現象です
とにかくアドセンスで稼ぐには記事の数が命なのです。




アドセンスの記事26000個、いくらになるでしょうか?

あなたならこの26000個にも及ぶアドセンスの記事、いくらで出してもいいでしょうか?

仮にプロのライターに執筆を依頼した場合は一記事で500円はかかるでしょう
その相場から計算すると、プロが書いたアドセンスの26000個の記事のお値段は







郊外なら中古のマンション位は買える値段です
さすがにこの値段では手が出ませんよね。私も喉から手が出るほど欲しくても
現実的に買えません。

では仮に、最近流行の記事提供サービスで換算するといくらになるでしょうか
私が知っているかなり安いサービスで一記事20円です、すると







これくらいが妥当な値段と言えるでしょう
この値段を見て、アドセンスの稼ぐセンスのある人は買ってしまう人もいるでしょう

しかし、これでは記事提供サービスの値段と変わりません
せっかくですからもっと安く提供したいと思います。

しかも内容は英語です。はっきり言って日本語よりも稼げます
本来なら記事提供サービスの倍の値段の価値はあるのですが
あえて、逆行して記事提供サービスの半額とさせて頂きます。




プロが書いたアドセンス用の記事26000個





特別価格260,000円で提供します!






















と思いましたが、最初に1記事あたり1円と書いてしまったのを忘れてしまいました
ということで約束どおり1記事あたり1円で計算して
さらにそこから、誤って手を滑らせて半額以下にしてしまいました。

ただし、この価格での提供は先着100名様に限らせて頂きます

先行者利益の確保のため、100名に達しない時点で予告なしに値上げ
または販売中止にさせて頂く可能性もあります
その際には申し訳ありませんが、この値段での提供は出来かねますのでご了承下さい。

またファイル容量がテキストでありながら、なんと100MBを近くあります
そのためサーバースペックや転送量の都合で、突然発売が中止になる可能性もあります
その際にはご了承下さい。

※現在残り少なくなっています、値上げ間近です。

アドセンス記事26000

※申し込みボタンをクリックして決済ページの表示まで時間がかかることがあるので注意してください。

インフォトップの決済代行なのでセキュリティーは安心です
クレジットカードでお申し込み次第、すぐにダウンロードして確認できます
銀行振り込みも利用できます





初回お申し込みの方限定で、以下の特典をお付けします



今までの記事提供サービスは、充実した内容ではあるものの
自分の手でリライトを行わなければならず



リライトに膨大な時間がかかる



という致命的な欠点をもっていました

26000もの記事をリライトすると思うと、やるまえから挫折しかねません
これでは大量の記事も意味がなくなってしまいます。

そこで、初回の方限定ではありますが
無料ツールを駆使し、26000記事を一気にリライトしてしまうノウハウ
特別にお付けします

これで



記事が多すぎてリライトができない
高額なリライトツールは高くて買えない



という言い訳ができなくなります







一つの記事をそのまま使ってそれで終わりだったり
一回リライトしてそれで終わりにしていませんか?

実はある技を使えば、一つの記事を何種類もの違ったテーマに使いまわせて
あらゆるロングテールキーワードを狙えるようになるのです。



そこで初回の方限定ですが
一つの記事を元にして、SEO的なキーワードの適正を崩すことなく
いくつものテーマの違うジャンルに活用すれば
一つの記事が何倍ものテーマに化けて超ロングテールを狙える裏技



特典としてお付けします。

この裏技を活用すれば、記事が細胞分裂のごとく増殖させることが可能です。

詳しくはぜひ読んでみてください。







簡易的なリライトだけでは警告が怖い・・・

このような質問が寄せられました
記事サービスで警告が来たという確かな情報はないのですが、もしあるとしたら

オリジナルのテキストが少ないからではないでしょうか?
しかし

「知識がないからオリジナル記事なんて書けないよ」
「英語わからないからオリジナル記事なんて書けないよ」
「オリジナル記事が書けないから、記事サービスを利用しているんだ」
「書けるけど、時間を短縮したいから、記事サービスを利用しているんだ」

「でも一から全て自分で記事は書きたくないし書けないし効率が悪い」
「かといってプロのライターに個別記事を注文するのも高くてできない」



「でも警告は怖い・・」



これが本音ではないでしょうか?

そんなあなたのために

今回は初回の方限定で



「言葉の意味すら全くわからなくても、しっかりしたキーワードのオリジナル記事を
誰でも簡単に素早く大量に書くノウハウ」



をお付けします。

もちろん英語でも大丈夫です
まず日本語で書いてから英語に翻訳すればいいだけです。

※この特典は無料でダウンロードできます。ダウンロード先は上の方にあります。




このノウハウは基本的に日本語のみのノウハウで
複数記事を同時というわけにはいかないのですが
色々なリライトのネタをかき集めました。

知らない人は目からウロコのノウハウです
今までコツコツとリライトしていたのがバカらしく思えてきます

初回の方限定ですが
無料で文章を一瞬にして数10パターンにリライトする方法いろいろ
特典としてお付けします。

今ある記事が10倍以上に増殖します

一部のノウハウは英語でも可能です。







「特典だけ譲ってください」という問い合わせがありますが
申し訳ありませんが、記事も一緒にお申し込み下さい
これらの特典は、大量の記事があってこそ活かされるものだからです





申し込んでしまった瞬間、あなたは言い訳が通用しなくなります

アドセンスの記事が26000件です。量は十分過ぎるほどです

英語の記事です。日本語よりも断然稼げます

インポート形式も用意しました。量が多くて消化できないということはありません

一瞬にして大量リライトのノウハウもあります。リライトし切れないということはありません



申し込んでしまうと、全ての言い訳が言えなくなります



言い訳が好きな人は、この商材はおすすめしません
今すぐこのページを閉じた方があなたのためです。

八方ふさがりになり、もう稼ぐことしかできなくなってしまいます。

これでアドセンスで稼げないとすれば、やらない人かノウハウコレクターか
トイレや風呂に行く時間もない程忙しく、数分の作業すらできない超多忙なだけです。

「私は違う」という方のみお申し込み下さい。

但し、繰り返し申し上げますが





それでもいいという覚悟を決めた方のみ、お申し込み下さい。



※現在残り少なくなっています、値上げ間近です。

アドセンス記事26000

※申し込みボタンをクリックして決済ページの表示まで時間がかかることがあるので注意してください。

インフォトップの決済代行なのでセキュリティーは安心です
クレジットカードでお申し込み次第、すぐにダウンロードして確認できます
銀行振り込みも利用できます

特定商取引法に基づく表示

Copyright(c) 東久留米ネットコンテンツ All Rights Reserved.

[閉じる]

全ての記事サービス利用者に捧げるプレゼント

「記事提供サービスは警告が怖い」といって
一歩踏み出せない人がけっこういます
必要以上にビビってしまっては稼げません。
そんな人のために、嬉しい無料レポを差し上げます。

『警告について正しい知識を得よう』
『言葉の意味すらわからなくてもオリジナル記事を
簡単に大量にサクサク作成する方法』
『ブログの全ページにオリジナル記事を一括で挿入する方法』
『行単位でのリライトの方法。無料でできる方法教えます』
『英語の記事の場合どうしたらいいのか』

お名前
E-Mail ※
[閉じる]

[PR・広告欄]
O脚「福辻式」 | O脚の矯正,直し方 | ウエストダイエットとお腹ダイエット | ダーツの投げ方や上達・練習 | ペン字
いちご狩りやいちごの通販 | 太陽光発電のシステムや補助金、価格 | 耳つぼダイエットの方法とやり方
温泉旅館〜箱根,伊香保,草津,伊豆,石和温泉 | 冷え性の改善法や対策 | ダーツ
エスプレッソメーカーやエスプレッソマシン、豆や作り方も | 雑貨 | 薄毛対策と予防法。女性も